ウィルのおいしい生活ブログ

趣味ブログです。日々楽しく生活できるような事や映画、音楽、レコードなど

ダラス・バイヤーズ・クラブ レビュー 死を意識したことで人生を変えたカウボーイの実話

はじめに

今回ご紹介する映画は実話をもとにした映画ということで、

80年代のアメリカが舞台ではありますが、これが本当の話なら今現在行われている行為も本当に大丈夫なの?と疑ってしまうような衝撃の作品でございます。

 

ダラス・バイヤーズ・クラブ(2013年アメリカ)

ダラスバイヤーズクラブ

 

 


www.youtube.com

 

あらすじ

1985年、テキサス生まれの電気技師ロン・ウッドルーフはHIV陽性と診断され、余命30日と宣告される。米国には認可された治療薬が少ないことを知り、納得のできないロンは代替薬を求めてメキシコへ渡る。そこで米国への薬の密輸を思いついたロンは、無認可の薬やサプリメントを売る「ダラス・バイヤーズクラブ」を設立。会員たちは安い月額料金で新しい薬を手にすることができ、クラブはアングラ組織として勢いづく。しかし、そんなロンに司法の手が迫り……。

ダラス・バイヤーズクラブ : 作品情報 - 映画.com

 

スタッフ・キャスト

監督:ジャン=マルク・ヴァレ

脚本:クレイグ・ボーテン
   メリッサ・ウォーラック

 

出演:マシュー・マコノヒー
   ジェニファー・ガーナー
   ジャレッド・レト

 

 

 

ダラス・バイヤーズ・クラブ レビュー

主演は「インターステラー」のマシュー・マコノヒー。「ウルフ・オブ・ウォールストリート」のコカイン吸いながら胸を叩き変なハミングをするマーク・ハンナの役が個人的に印象に残っている俳優さんです。

この映画のために21kg減量して撮影に臨んだということで酒浸りの不健康そうな体を見事に演じきっています。

また、相棒役のトランスジェンダーを演じたジャレッド・レトはメイクも相まって「スーサイドスクワット」のジョーカーの雰囲気を醸し出していて、「あの俳優さんだ」とわかるとともにインパクト抜群の存在感を示しています。

 

二人ともこの映画で第86回アカデミー賞にてマシュー・マコノヒーは主演男優賞、ジャレッド・レト助演男優賞を受賞しています。

映画を観終えて納得の結果だと思いますし、この映画を楽しむうえで、二人の演技というのも見どころの一つだと思います。

 

「ダラス・バイヤーズ・クラブ」は事実を基した作品で、扱う内容もとてもセンシティブなものになっていますが、映画として面白いのは

未知の病「エイズ」と診断され余命30日と告げられた男が、反骨精神むき出しで生にしがみつき生き延びようとするまさしく”ロデオ・カウボーイ”話だということです。

 

映画の冒頭はロデオのシーンから始まります。

荒牛にまたがり振り落とされないようにしがみつく様は主人公の生きざまと重なります。

 

映画内でのAZT(薬)の描かれ方には実際と多少乖離しているみたいですが、

実際に自分で知識をつけ自ら判断できる力を養うことは重要なことだなと気づかされます。

これは映画の中だけの話ではなく我々の日々の生活にも大切なことだと教えてくれる作品でした。

 

U-NEXTで見放題配信中でございます。

まだ未登録の方も30日間の無料トライアルで視聴可能です。

アメリカの医療を変えようとしたカウボーイの話おススメです!

今すぐU-NEXTで「ダラス・バイヤーズ・クラブ」を無料視聴する

 

自ら調べ行動するという点では以前紹介したこの映画も必見です↓

will-oishiiseikatsu.hatenablog.com