ウィルのおいしい生活ブログ

趣味ブログです。日々楽しく生活できるような事や映画、音楽、レコードなど

映画「帰ってきたヒトラー」 レビュー 政治に関心はありますか?

「はじめに

2021年10月31日に第49回衆議院議員総選挙が行われます。

衆議院は国家予算の審議や新たな法律を作るなどし、この選挙は日本の将来を左右する重要な選挙です。

 

昨今、自分も含めた若い世代の投票率が減少しているといいます。

今回紹介する映画は自分の国に対して関心を持ち今回の衆議院選挙も興味が出てきそうなそんな映画です。

 

 

帰ってきたヒトラー(2015年ドイツ)

帰ってきたヒトラー


www.youtube.com

 

 

あらすじ

服装も顔もヒトラーにそっくりの男がリストラされたテレビマンによって見出され、テレビに出演させられるハメになった。男は戸惑いながらも、カメラの前で堂々と過激な演説を繰り出し、視聴者はその演説に度肝を抜かれる。かつてのヒトラーを模した完成度の高い芸として人々に認知された男は、モノマネ芸人として人気を博していくが、男の正体は1945年から21世紀にタイムスリップしたヒトラー本人だった。

帰ってきたヒトラー : 作品情報 - 映画.com

 

スタッフ・キャスト

監督:デビッド・ベンド

原作:ティムール・ベルメシュ

 

出演:オリヴァー・マスッチ
   ファビアン・ブッシュ
   カッチャ・リーマン
   クリストフ・マリア・ヘルプスト
   フランツィスカ・ウルフ

 

帰ってきたヒトラー レビュー

誤解を招く恐れがあるのであらかじめ説明しますと、私は極右でもネトウヨでもありませんし、この映画は極右やナチスを称賛する映画でもありません。

 

45年から現代にタイムスリップしたヒトラーが、クビになったテレビマンとドイツ各地を回りドイツの政治について取材していきます。

そこで出てくる国民の言葉は「政治不信」でした。

やけにリアルなドキュメンタリー調のインタービューシーンでその「政治不信」の声は日本に住む私たちも共感できるところがあります。

この映画の凄いところは映画が進むうちに、ヒトラーに共感してしまうというところです。

クリーニング屋でのシーンや人々の声に真剣に耳を傾ける姿など彼をどこか憎めないいい人のように見えてきます。

ですが徐々に独裁者としてのヒトラーが見えてきます。

 

国民の不安が最高潮に達したときにナチスのような党が力を持つのだろうと感じます。

政治はバランス感覚が重要なのだということに気づかされる作品です。

 

 

映画冒頭、ドイツの各政党をヒトラーが批判するシーンがあります。

民主主義である以上政治家は選挙でえらばれます。よき政治家を選べるように私たちは普段から政治に関心を持ち正しいリーダーを選べるようしたいですね。

 

映画ラストのヒトラーの言葉はとても胸に刺さるセリフでした。

是非映画本編でご覧ください。

 

原作本はこちら↓

 

以前紹介したこちらの作品もコメディー調で強いメッセージを伝える作品でした。